【元祖ファスティング女優!?…エリザベス・テイラーの過酷なダイエット秘話】

エリザベス・テイラーといえば、
ハリウッド映画史上に残る大女優の一人ですが、
エリザベス・テイラーは、その女優としてのキャリアもさる事ながら、
実に8回も結婚したという私生活の面でも、常に話題を提供し続けた人でもありました。
そのエリザベス・テイラーが、かつて、今で言うファスティングのような、物凄いダイエットを敢行していた、というエピソードを、ご紹介したいと思います。
エリザベス・テイラーは、1932年に生まれ、
子役として芸能活動を開始、
そして、その類稀な美貌により、
エリザベス・テイラーは、リズという愛称と共に、特に、同世代の女の子達の憧れの的になっていましたが、
やがて、数多くの共演者達と、次々に浮き名を流す、恋多き女になって行きました。
そんなリズが、二人目の夫である、マイケル・ワイルディングというイギリス人俳優との結婚生活を送っていた頃の事、
1956年、リズは『ジャイアンツ』という映画に主演する事が決まっていましたが、
この時、リズは第二子を出産したばかりで、何と16kgも太っていたのです。
このままでは女優生命の危機だと感じたリズは、
数週間の間、固形物を一切口にせず、
水とジュースだけで過ごしました。
その過酷なダイエットにより、
リズは見事に減量に成功し、無事に『ジャイアンツ』の撮影に漕ぎ着けましたが、
これは、今で言うところの、ファスティングのようなダイエット方法だった、と言えるかもしれません。
ファスティングは、ある一定期間、固形物を摂らず、
サプリメントだけで過ごすというダイエット法ですが、
リズがダイエットを行った1956年当時は、
サプリメントなる物は、まだ無かった頃でした。
しかし、リズが行ったのは、
ファスティングのような物であったと言っても、差し支えは無いでしょう。
もし、その頃にサプリメントが有れば、
リズも、サプリメントを用いて、ファスティングを行ったかもしれませんが、
そのような物など無かったにも関わらず、過酷なダイエットを成功させたリズは、
まさに、女優魂を発揮したと言えるでしょう。
ちなみに『ジャイアンツ』は、あのジェームス・ディーンとの共演作であり、彼の遺作ともなりましたが、
ダイエットに成功したリズの美貌と、ディーンとの貴重な共演が見られるという事で、一見の価値有りだと思います。

千葉県にプライベートジムはいくつありますか?どうやって探せば良いですか?

ダイエットジムならこのサイトおすすめです>>> 千葉県 ライザップとプライベートジム6社のダイエット比較集
博士が教えるサプリメント選びと通販!

【野菜とサプリメント】
バランスの良い食生活というのは、
健康な生活を送る上でも、欠かせない事だと思われます。
いくら好きでも、肉ばかり食べたり、炭水化物を食べ過ぎたりという、偏った食生活を送っていると、
食生活のバランスが崩れ、やがて、健康を害してしまうという事にも繋がりかねません。
そこで、野菜も沢山食べるように心がける事が大事になって来ますが、
そうは言っても、野菜というのは、すぐに萎びてしまうので、
なかなか、沢山買い置きしておくという事が、難しい物でもあります。
そこで、野菜の代わりとなるのが、
野菜に含まれる栄養素を補うためのサプリメントです。
バランスの良い食生活を送りたい、
しかし、野菜を沢山採るという事も難しい、という場合に、サプリメントは、とても役立ちます。
予め、自分が補いたい栄養素が、どのサプリメントに含まれているか、という事を調べ、それを買っておけば、
普段の食事と並行して、サプリメントを摂る事により、
食生活のバランスを整える事が可能になります。
また、野菜と違って、
サプリメントは、買い置きしやすいという利点も有るので、保存にも便利です。
一人暮らしをしている方は、特に、食生活が偏ってしまいがいな傾向が有りますが、
そういう方こそ、サプリメントを活用すると良いかもしれません。
また、かつては、野菜にはミネラルが沢山含まれていましたが、
昔に比べると、地球規模で土壌が痩せて来ているので、野菜には、昔ほどミネラルが含まれていない、という説も有るようです。
もし、そうだとすれば、
野菜を食べただけでは、必要な栄養素を摂る事が出来ない、という事にもなります。
そうなると、サプリメントの重要性は、ますます高まって来ますが、
いずれにせよ、
バランスの良い食生活を心がけるために、
サプリメントも、上手く活用して行くというのが、今後のトレンドになって来るかもしれません。
私も、野菜とサプリメントを、上手く併用しながら、
食生活気を付けて行きたいと思っています。

青魚の知恵を借りて未来を創造

 青魚の知恵というサプリメントがあります。これを初めて知った時は、その名前に驚きましたね。もう少しサプリっぽいなにかがあったのではないかと思ったからです。しかしその効果を知るにつれ、納得しました。だってこれは確実に、 知恵がなければ作れるものではなかったのですよ。
 青魚の知恵は、その名の通り、魚を丸ごと使っています。それならわざわざこんな錠剤にしなくても、本物を食べればいいのではないかと考える人もいるでしょう。しかし実際、処理が面倒とか、味が苦手ということから、食べられない人も多いものです。それに年齢を重ねれば、食事の分量自体も少なくなります。ですが本当は、そうやって年をとった時こそ、健康に気を付けなければいけないことは明らかでしょう。
 そのような人達に適しているのが、この青魚の知恵です。これはDHAやEPAで血液をさらさらにし、アミノ酸で体の調子を整えて、さらに、骨をしっかりと保つためのカルシウムを補ってくれます。そのようにたくさんの成分が含まれてい るのに、一日に必要なのはたった2粒。容器の蓋を開けて取り出して、ぽいっと口に入れた後、水と一緒に飲み込めばいいだけですから、魚を丸ごと何匹も食べるよりは、よほど簡単ですね。
 まさに健康を望む人達の研究成果が終結したこの青魚の知恵は、私達の体調と生活を支えてくれます。それは、自由に動ける喜び、そして明るい将来に繋がっていると言っても過言ではないでしょう。たった2つの粒は、実は大きな望みを生み出すのです。

ボシュロム バイオトゥルーワンデーってどうしてそんなに人気があるの??

コンタクトレンズ通販ならおまかせ>>> ボシュロム バイオトゥルーワンデー通販の価格、激安、最安値段サイト集
眼科医が教えるコンタクトレンズ選びと通販!

夕方まで潤うボシュロムバイオトゥルーワンデー
コンタクトレンズをしていて一番辛いのは、目がごろごろすることだと思っています。痛いわけではないのに、なんとなく違和感が続くのははっきり言って不快ですし、目薬をさしても効果はその時だけ。エアコンやパソコンの使用をやめて目を休めればいいとわかっていたところで、それが職場や仕事では、どうしようもありません。
しかしボシュロムバイオトゥルーワンデーを使うようになってから、この違和感はだいぶ解消されました。レンズの 表面にうるおい層をつくり、瞳から水分が蒸発するのを防ぐ……という仕組みは使用者にはわかりませんが、乾かないのは本当ですね。なんといっても、夕方になって以降のごろごろ感が変わりました。それだけで、なんと快適なことでしょう。
また、ボシュロムバイオトゥルーワンデーは、他のレンズ同様UVカットもついています。今までたいして気に止めたことはなかったのですが、これは案外大切なことのようですよ。先日訪れた眼科で、先生が紫外線は目に良くないと言っていたのです。患者さんの病気があるからという理由もあるでしょうが……目から入った紫外線が日焼けに関係しているという話を聞いたこともありますし、避けて悪いものではないでしょう。
こう考えると、ボシュロムバイオトゥルーワンデーはなかなか使い勝手がいいと思います。ワンデーコンタクトですから、衛生面もばっちりですしね。もし今コンタクトレンズを変えたくて悩んでいる人には、私は迷わず、このボシュロムバイオトゥルーワンデーをお勧めします。

ドンペリに種類ってあるの?価格は違うのか??

お酒を買うならこのサイト必見です>>> ドンペリ4種類 通販の価格、当たり年、最安値段ガイド集
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

ドンペリを飲むなら2004年の白を
 もともと人気も値段も高いドンペリニヨン。一般的とされるものはドンペリ白と呼ばれていますが、その2004年のものが、かなりの高評価のようですね。そんな昔に製造され たものが、どうして今更。ワインがお好きな方ならばそんなことは言わないでしょう。ドンペリには、それなりの熟成期間が必要だからです。
 しかしこのドンペリは、もともといいぶどうができた時しかつくられません。それなのに、そんな中でもさらに評価が違うとかあるのかしらと、飲んだことのない私は思いもするのですが、高レベルな中でのもっと上、ということなのでしょうね。
 さて、そんな人気の2004年のド白ですが、価格は二万円程度というのが相場のようですね。それなら出せないことはない額だと思ったのは一瞬。出せない額ではなくとも、高評価を知ってはいても、あの750mlの飲み物にと考えれば、やっぱり手を引いてしまいます。
 でもやっぱり気になっていろいろ調べてみている のですが、2004年のドンペリ白、それなりのデパートなどで、綺麗な外装に包まれているものなどは、もうちょっと割高なのですね。まあそれだけ手がかかっていますし、贈答用ということでしょうから、当然でもあります。
 ちなみに、聞いたところによればその味は「熟したぶどうの存在が、しっかり感じられる」とのことです。鼻に抜ける香りまで想像できる気すらしますね。そんなわけで、もしドンペリ白を飲む機会があれば、2004年を狙ってみるといいでしょう。