【今、密かに流行っている「サプリケース」とは?】

皆さんは、「サプリケース」という物を、ご存知でしょうか?
「サプリケース」とは、その名の通り、錠剤のサプリを入れて、持ち歩くためのケースなのですが、今、この「サプリケース」が、密かにブームになっているそうです。

私の友人で、サプリメントに、大変詳しい人が居ます。
その人は、常に、自分のお気に入りのサプリメントを持ち歩いていて、
必要に応じて、サプリを服用しているのですが、その人が、サプリを持ち歩く時に、愛用しているのが、「サプリケース」です。

特に、その人のように、複数のサプリを持ち歩くような人は、いちいち、複数のサプリの容器を持っていると、かさばってしまい、大変なので、「サプリケース」を持つのが、良いのだと思われます。
私も、以前は、サプリにはあまり興味が無かったのですが、サプリに詳しい、その友達に、色々な情報を教えてもらい、自分に合ったサプリを服用するようになりましたが、自分もまた、「サプリケース」を持ち歩くようになりました。

そして、普段から健康について意識している人の間では、「サプリケース」を持ち歩く事が、密かなブームになっているという事を、私は知りました。

持ち運びに、大変便利だという事もありますが、「サプリケース」を持ち歩く事によって、普段から、健康について気を付けるような意識付けが出来ていくのではないかと、私は思います。

まずは、自分のお気に入りのサプリを見つける事から始めて、
やがては「サプリケース」を持つようになった時、貴方は、健康に対する意識の高い、「健康マニア」になっているかもしれませんね。

風邪ひきさんにエキナセア

先日、サプリメントの宣伝広告を見てみたら、キッズ用エキナセアという物を見かけました。キッズということは子供向けですよね。子供もサプリを飲む時代なのかと驚きつつ、一体同様な効果のものかと調べてみました。
エキナセアというのは、キク科の多年草で、ハーブの一種だそうです。風邪やインフルエンザなどに対する免疫力を高める効果があるのだとか。アメリカでは人気のサプリメントだということも目にしました。もちろん、大人が飲んでも問題ないものです。要は、これを飲むことにより、病気にかかるのを防ぐということなのですね。
これだけ聞くと、なんて素晴らしいエキナセア! と思ってしまうのですが、どうやら飲むには注意も必要なようです。基礎疾患のある人や、キク科のアレルギーがある人は、自己判断で摂取すると、危険なことがあると聞きました。処方箋もいらず、誰でも買えるサプリメントですが、体に害をなしてはいけません。実際に飲み始める前には、いろいろ調べないといけませんね。
とは言っても、これで本当に免疫力が高くなって、病院に行く回数が減るのならば儲けものです。実際に行われた研究では、体内の、病原菌と戦うT細胞の動きを活発化させることがわかっているようです。細胞が元気になるから、ウイルスがやって来ても倒せるということなんですね。私、こんな魔法の薬みたいなものがあったなんて、今まで知りませんでした。
今度ドラッグストアに行ったら、どんなものか見てみようと思います。エキナセア、紫色の綺麗な花のようですよ。

プライベートジムでマンツーマンダイエット

ダイエットといえば、食事制限法しかしたことのない私は、プライベートジムと聞いても、まったくピンときませんでした。プライベート? 秘密にやるの? とそんな反応。教えてくれた友人は、逆に目を丸くしていましたね。
プライベートジムはいろいろありますが、基本的には、マンツーマン指導をしてくれるジム、ということらしいです。最初はカウンセリング。そこで指導員と話しをして計画を立てるのですが、ジムによっては体質を調べるための血液検査をするようです。
さて、プライベートジムの指導は、トレーニングと食生活のアドバイスが行われます。ジムに行って器具を使うところもあれば、自宅でできるものを勧めているところもあるようです。食生活の方は、驚きでした。最近ほとんどの人が持っているスマホ、そのアプリを使っていたりするんです。食べた食事を写真で撮って送ると、指導員からアドバイスが来るのだとか。昔は全部、食べたものを書きとめていたのに……。ダイエットも、業務量的にはお手軽になったものです。
お値段はちょっとお高い印象がありますが、個人指導ですからそれは仕方がないところ。でも期間が終わる頃にはしっかり知識が身につくとなったら、人によっては安いものかもしれません。
プライベートジム、近所にあればラッキーですよね。お試しがあるところも多いようですし、ネット画面と住所を見比べて、探してみようと思います。できれば徒歩圏内にあるといいのですが……ぜいたくすぎかな。

メニコンZをお探しの方必見!

>>> メニコンZ 通販の価格、売れ筋、最安値段サイト集
眼科医が教えるコンタクトレンズ選びと通販!

人それぞれのメニコンZ
メニコンZは、酸素透過性ハードコンタクトレンズです。……といっても、長くコンタクトを使っている方なら、ハードはそういうものだろうと思われるでしょう。ソフトコンタクトよりも小さく、角膜を覆ってしまわない分、酸素の供給量は多いですし、その点、ソフトレンズよりも安全と言われていますからね。

しかし、酸素透過性を高めていくと、レンズが弱くなってしまうということは、知らない人もいるのではないのでしょうか。メニコンZはそれを技術で乗り越えたそうですよ。高い酸素透過性のまま、レンズも頑丈になって、まさにハードコンタクトレンズの王様とも呼べるかもしれません。

しかしこのメニコンZ、人に聞くと、その感想の差がとても大きいのです。とても合うという人と、まったく合わないという人のが両極端。合う人は、目のごろごろ感もなく、アレルギーがあっても使える等の嬉しい情報をくれますが、合わない人はいつまでたっても目が慣れないと言ったりもします。ここまで意見が割れるというのも、珍しいのではないでしょうか。

確かに今はやりのワンデーコンタクトなどとは違い、長く使うレンズなので、手間はちょっとかかります。ちなみに私の場合は、ハードコンタクト自体が初めてだったのでそれに慣れるのは時間がかかりましたが、それ以降は特に違和感を感じなかったので、このままメニコンZを使っていくつもりです。最初皆さんの感想を聞いたときはかなりどきどきしましたが、合ってよかったです。

シャトー・マルゴーをお得に買えるサイトあります!

>>> シャトー・マルゴー 通販の価格、当たり年、最安値段ガイド集
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

【シャトー・マルゴーについて】
シャトー・マルゴーとは、フランスのボルドー地方で生産される、ワインの銘柄の一つで、ボルドー・ワインの中でも、特に人気の高い銘柄の一つです。
シャトー・マルゴーは、「最も女性的なワインである」とも、言われていますが、
歴史に名高い、フランスのポンパドゥール夫人が、愛飲していたとされ、
そのような華麗なイメージが、「最も女性的なワイン」と称されるキッカケにもなったのではないでしょうか。
歴史的に見れば、作家のアーネスト・ヘミングウェイや、共産主義者の、エンゲルスなども、シャトー・マルゴーを愛飲しており、
世界的に、広く愛されているワインなのです。
日本では、渡辺淳一が原作で、大ブームとなった『失楽園』で、主人公の男女が心中する場面で、このシャトー・マルゴーが使われていましたが、
ヘミングウェイといい、渡辺淳一といい、シャトー・マルゴーには、
何か、作家を惹き付けるような、魅力が有るのかもしれません。
また、シャトー・マルゴーは、非常に飲みやすいというのも、
「最も女性的である」と称される理由の一つでしょう。
ボルドー・ワインは、「ワインの女王」とも称されていますが、
シャトー・マルゴーは、その中でも、特に芳醇で、果実味が強く、
そういった意味でも、「女性的」なワイン、という事が言えるかもしれません。
ワインをよく知らない、という方でも、シャトー・マルゴーといえば、
名前だけは知っている、というぐらいに、世界的に有名なワインなのですが、
ワインの初心者の方が、非常に飲みやすく、味も美味しいという意味では、
このシャトー・マルゴーは、とてもお勧めです。
ワインを飲むなら、まず、シャトー・マルゴーという選択も、
大いに有りだと、私は思います。