投稿者「mori」のアーカイブ

消化器内科医師の転職先より大事なこと

 東京都 消化器内科の医師求人(常勤転職・非常勤アルバイト)募集数ランキング
医師が教える転職と医療求人募集の探し方!

消化器内科医師の転職といえば、真っ先に、勤務医から個人病院の医師になることをイメージします。私の母の主治医がそうだからです
。彼が総合病院をやめた時、母やその他患者さんもまた、その医師とともに、クリニックに転院しました。まるで、お店の固定ファンのようですね。
でも患者さんが望んでいるのは、総合病院の治療ではなく、彼と医師と結んだ信頼なのですから、これは当然のことと言えるでしょう。
逆に言えば、風邪や生活習慣病などもみることができる、消化器内科医師の転職は、個人病院に向いてもいるのです。
だって、あまりに難しい科が看板に書かれていても、医療に従事しない一般の人達には、わかりにくいのですもの。
でも消化器内科と言えば「お腹の調子がメインなのかな?」って想像できますよね。循環器というと、その他の内臓のことらしいですけれど、ちょっと難しい気がします。
他には呼吸器、血液など、内科も多岐に渡りますが、そこまでくると総合病院じゃないと無理かなという印象です。
もちろんこれは私個人の発想なので「そんなことはないよ」という方もいるでしょう。もちろん、消化器内科医師の転職は、大病院間でもありますからね。
先進医療を重視するのか、地方医療に関わるのかでも、選択する場所は変わってきますもの。
最終的に私に言えるのは、消化器内科医師の転職先がどうというよりは、医師をやめないでほしいということだけです。
高齢化社会の中で、お医者様はとても大切な存在ですから。

【私が、サプリメントを好きな理由】

私は、サプリメントが好きです。今や、サプリメントは、私の日常生活においても、欠かせない物になっています。
では、何故、サプリメントが好きなのかと言えば、やはり、サプリメントを摂取する事によって、
自分の健康状態が、良くなっているなあという、実感が得られているからだと、私は思います。

私は、そもそも、サプリメントについては、あまり興味が無かったのですが、
私の友人に勧められて、摂取してみたサプリメントが、たまたま、自分に合っていた、というキッカケが有り、
それによって、自分で色々と調べたりして、自ら、サプリメントを積極的に、求めて行くようになってきました。

サプリメントは、薬ではなく、あくまでも、健康補助食品、という位置付けなのですが、
自分の身体の健康というものには、常に気を遣うようになった、というのも、
サプリメントを摂取するようになってから、私が、特に変わった部分だと思います。

人間は、健康な身体を維持する事こそが、やはり、何よりも大切な事だと、私は思います。
例えば、風邪を引いた時などに、普段の、健康の有り難みが、よくわかるという事は、誰しも経験した事は有るかと思いますが、
風邪を引いたり、何か病気になったりする前に、普段から、健康に気を遣う事は、とても大事なのではないでしょうか。

サプリメントは、健康について考える、という事の、一助になってくれると、私は思っています。
今まで、サプリメントには縁が無かったという方も、サプリメントを摂取し、サプリメントを通して、健康について考えるキッカケにして頂ければなあと
サプリメント好きの一人として、願っています。これからの時代、情報はとても大事ですね。

収集心くすぐるシャトー・ムートン・ロートシルト

シャトー・ムートン・ロートシルトと言えば、その豪奢なエチケットで有名ですね。本来ならば、商品の看板 に当たる部分が毎年変わるというのは、非常に珍しいことだと思います。だって『名前は覚えていないけれど、ラベルやロゴでなんとなくわかるもの』は案外多いものですもの。だからこそ、会社は「そのもの」と「別物」を一見して区別するためにも、ロゴを作っているわけです。
しかしシャトー・ムートン・ロートシルトは、他のシャトー、あるいはワインに限らないメーカーが同じとしているところに着眼し、あえて異なるものを使うことで、コレクター精神をくすぐってきました。毎年有名な方がデザインした素晴らしいエチケット、しかもワイン自体も美味しくて価値があるともなれば、収集癖のある愛好家は、収集せずにはいられないでしょう。
「何年のもののエチケットが好きだから、それだ けは絶対手に入れたい」と、いわゆるジャケ買いをする人もあるかもしれません。パッケージが気に入って購入というパターンは、本やお菓子でもよくありますが、実際これは、中身が好みかはわからないのに買うということですから、賭けに近い感覚もありますよ。もちろんシャトー・ムートン・ロートシルトに限っては、名が知れていますから、その限りではありません。美味しくないなんてありえないからです。
シャトー・ムートン・ロートシルトのエチケットを、作品集のようにずらりと並べたら、圧巻でしょうね。ぜひ一度、見てみたいものです。

【元祖ファスティング女優!?…エリザベス・テイラーの過酷なダイエット秘話】

エリザベス・テイラーといえば、
ハリウッド映画史上に残る大女優の一人ですが、
エリザベス・テイラーは、その女優としてのキャリアもさる事ながら、
実に8回も結婚したという私生活の面でも、常に話題を提供し続けた人でもありました。
そのエリザベス・テイラーが、かつて、今で言うファスティングのような、物凄いダイエットを敢行していた、というエピソードを、ご紹介したいと思います。
エリザベス・テイラーは、1932年に生まれ、
子役として芸能活動を開始、
そして、その類稀な美貌により、
エリザベス・テイラーは、リズという愛称と共に、特に、同世代の女の子達の憧れの的になっていましたが、
やがて、数多くの共演者達と、次々に浮き名を流す、恋多き女になって行きました。
そんなリズが、二人目の夫である、マイケル・ワイルディングというイギリス人俳優との結婚生活を送っていた頃の事、
1956年、リズは『ジャイアンツ』という映画に主演する事が決まっていましたが、
この時、リズは第二子を出産したばかりで、何と16kgも太っていたのです。
このままでは女優生命の危機だと感じたリズは、
数週間の間、固形物を一切口にせず、
水とジュースだけで過ごしました。
その過酷なダイエットにより、
リズは見事に減量に成功し、無事に『ジャイアンツ』の撮影に漕ぎ着けましたが、
これは、今で言うところの、ファスティングのようなダイエット方法だった、と言えるかもしれません。
ファスティングは、ある一定期間、固形物を摂らず、
サプリメントだけで過ごすというダイエット法ですが、
リズがダイエットを行った1956年当時は、
サプリメントなる物は、まだ無かった頃でした。
しかし、リズが行ったのは、
ファスティングのような物であったと言っても、差し支えは無いでしょう。
もし、その頃にサプリメントが有れば、
リズも、サプリメントを用いて、ファスティングを行ったかもしれませんが、
そのような物など無かったにも関わらず、過酷なダイエットを成功させたリズは、
まさに、女優魂を発揮したと言えるでしょう。
ちなみに『ジャイアンツ』は、あのジェームス・ディーンとの共演作であり、彼の遺作ともなりましたが、
ダイエットに成功したリズの美貌と、ディーンとの貴重な共演が見られるという事で、一見の価値有りだと思います。

千葉県にプライベートジムはいくつありますか?どうやって探せば良いですか?

ダイエットジムならこのサイトおすすめです>>> 千葉県 ライザップとプライベートジム6社のダイエット比較集
博士が教えるサプリメント選びと通販!

【野菜とサプリメント】
バランスの良い食生活というのは、
健康な生活を送る上でも、欠かせない事だと思われます。
いくら好きでも、肉ばかり食べたり、炭水化物を食べ過ぎたりという、偏った食生活を送っていると、
食生活のバランスが崩れ、やがて、健康を害してしまうという事にも繋がりかねません。
そこで、野菜も沢山食べるように心がける事が大事になって来ますが、
そうは言っても、野菜というのは、すぐに萎びてしまうので、
なかなか、沢山買い置きしておくという事が、難しい物でもあります。
そこで、野菜の代わりとなるのが、
野菜に含まれる栄養素を補うためのサプリメントです。
バランスの良い食生活を送りたい、
しかし、野菜を沢山採るという事も難しい、という場合に、サプリメントは、とても役立ちます。
予め、自分が補いたい栄養素が、どのサプリメントに含まれているか、という事を調べ、それを買っておけば、
普段の食事と並行して、サプリメントを摂る事により、
食生活のバランスを整える事が可能になります。
また、野菜と違って、
サプリメントは、買い置きしやすいという利点も有るので、保存にも便利です。
一人暮らしをしている方は、特に、食生活が偏ってしまいがいな傾向が有りますが、
そういう方こそ、サプリメントを活用すると良いかもしれません。
また、かつては、野菜にはミネラルが沢山含まれていましたが、
昔に比べると、地球規模で土壌が痩せて来ているので、野菜には、昔ほどミネラルが含まれていない、という説も有るようです。
もし、そうだとすれば、
野菜を食べただけでは、必要な栄養素を摂る事が出来ない、という事にもなります。
そうなると、サプリメントの重要性は、ますます高まって来ますが、
いずれにせよ、
バランスの良い食生活を心がけるために、
サプリメントも、上手く活用して行くというのが、今後のトレンドになって来るかもしれません。
私も、野菜とサプリメントを、上手く併用しながら、
食生活気を付けて行きたいと思っています。