月別アーカイブ: 2013年12月

サプリメントの値段による違い

サプリメントって同じ物でも全然値段が違っていたりしますよね。
例えばコラーゲンのサプリメントは100円ショップでも買えるのにDHCなどちゃんとしたメーカーの物を買おうとすると何倍にも値段が変わってしまいます。
この差が何なのか、少し気になったので調べてみました。

最初に目についたのは安いサプリメントは粗悪な材料を使っているというもの。粗悪な品であるから効果も薄い、ということなのでしょう。
ただ、それだけではないようです。一つはメーカー料金。
つまり、DHCやネイチャーメイドなど有名なメーカーさんならば安心だと買う人がいることからくる広告料ですね。
もう一つは含有量だそうです。一つのサプリメントにしても含まれている量の違いで値段も変わってくるのです。それを知ってからよく裏の表記を見てみると、確かに安いサプリメントより含有量が多いのが判ります。
安い物との差はそういったところにあるそうなのですが、実は海外のサプリメントはそれより安かったりします。
含有量にも差がなく、国内メーカーよりも外国産のサプリメントの方が安いことが多いそうです。その理由はなにか?
これは予測なのですが、サプリメントの流通量や需要の差ではないかと思います。外国に比べ、日本人はサプリメントを接種する人はあまり多くありません。ですので、生産量が少なくなり値段も高くなります。
それに比べると海外は買う人が沢山いるので、その分値段も安くなるそうです。
これからサプリメント接種を考えている人はそのあたりの点も考えて購入してみてください。