月別アーカイブ: 2015年4月

プライベートジムでマンツーマンダイエット

ダイエットといえば、食事制限法しかしたことのない私は、プライベートジムと聞いても、まったくピンときませんでした。プライベート? 秘密にやるの? とそんな反応。教えてくれた友人は、逆に目を丸くしていましたね。
プライベートジムはいろいろありますが、基本的には、マンツーマン指導をしてくれるジム、ということらしいです。最初はカウンセリング。そこで指導員と話しをして計画を立てるのですが、ジムによっては体質を調べるための血液検査をするようです。
さて、プライベートジムの指導は、トレーニングと食生活のアドバイスが行われます。ジムに行って器具を使うところもあれば、自宅でできるものを勧めているところもあるようです。食生活の方は、驚きでした。最近ほとんどの人が持っているスマホ、そのアプリを使っていたりするんです。食べた食事を写真で撮って送ると、指導員からアドバイスが来るのだとか。昔は全部、食べたものを書きとめていたのに……。ダイエットも、業務量的にはお手軽になったものです。
お値段はちょっとお高い印象がありますが、個人指導ですからそれは仕方がないところ。でも期間が終わる頃にはしっかり知識が身につくとなったら、人によっては安いものかもしれません。
プライベートジム、近所にあればラッキーですよね。お試しがあるところも多いようですし、ネット画面と住所を見比べて、探してみようと思います。できれば徒歩圏内にあるといいのですが……ぜいたくすぎかな。

メニコンZをお探しの方必見!

>>> メニコンZ 通販の価格、売れ筋、最安値段サイト集
眼科医が教えるコンタクトレンズ選びと通販!

人それぞれのメニコンZ
メニコンZは、酸素透過性ハードコンタクトレンズです。……といっても、長くコンタクトを使っている方なら、ハードはそういうものだろうと思われるでしょう。ソフトコンタクトよりも小さく、角膜を覆ってしまわない分、酸素の供給量は多いですし、その点、ソフトレンズよりも安全と言われていますからね。

しかし、酸素透過性を高めていくと、レンズが弱くなってしまうということは、知らない人もいるのではないのでしょうか。メニコンZはそれを技術で乗り越えたそうですよ。高い酸素透過性のまま、レンズも頑丈になって、まさにハードコンタクトレンズの王様とも呼べるかもしれません。

しかしこのメニコンZ、人に聞くと、その感想の差がとても大きいのです。とても合うという人と、まったく合わないという人のが両極端。合う人は、目のごろごろ感もなく、アレルギーがあっても使える等の嬉しい情報をくれますが、合わない人はいつまでたっても目が慣れないと言ったりもします。ここまで意見が割れるというのも、珍しいのではないでしょうか。

確かに今はやりのワンデーコンタクトなどとは違い、長く使うレンズなので、手間はちょっとかかります。ちなみに私の場合は、ハードコンタクト自体が初めてだったのでそれに慣れるのは時間がかかりましたが、それ以降は特に違和感を感じなかったので、このままメニコンZを使っていくつもりです。最初皆さんの感想を聞いたときはかなりどきどきしましたが、合ってよかったです。